現代に息づくミッドセンチュリー

博多区 1K(60.66㎡) 110,000円
福岡市博多区古門戸町1丁目
地下鉄空港線 中洲川端駅 徒歩9分

| | | | | |

リノベーションビル、博多古門戸アパートメントの3階が空きました!

[ ストーリー ]
ミッドセンチュリー後期、1965年完成。当建築は製薬会社の社屋として建てられました。直線的でシンプルな外観に彫刻のような階段、型枠の杉板を映したコンクリート打ち放しの梁・柱など、モダニズムの香りと建築家のこだわりを随所に感じさせる意匠。そのデザインを尊重し、2006年に再生プロジェクトが実施され、SOHO対応型の賃貸マンション「博多古門戸アパートメント」として見事に蘇ったのです。それは、またとない素材とクオリティーの高いリノベーションが出会った瞬間でした。

間取りは1K(60.66㎡)。生活感の出る水廻りが隠された、すっきりとしたモダンな室内。もちろんオフィスとしても使いやすい空間です。ランドリールームは部屋から切り離され共用廊下を挟んだ向かいに設けられています。
質感の良いカーペット敷きで、土足OK。ウッドブラインド、チーク調の建具などの重厚感と、白いペンキでざっくりと塗りつぶされた壁やコンクリート打ち放しの梁・柱のラフさが、絶妙な調和を見せている。
元オフィスということもあって、直でお部屋につながるエントランス。白を基調にしたミニマルデザイン。
シンプルなデザインの玄関ドアの黒い取っ手。モダンな感覚を醸し出しています。
水廻りやウォークインクローゼットを囲うチーク調の間仕切り。四角い木箱を挿入したようなデザイン。
こちらのドアノブもシンプル。

細かく仕切られてない、まさにユニバーサルスペースと呼ぶにふさわしい空間。モダンな家具でゾーニングして利用すれば、見せかけではないミッドセンチュリーのお部屋が現実のものに。
2帖ほどのウォークインクローゼット。
洋服以外の物も収納可能。
天井は有孔ボード。ビルドインのエアコン付。
柱と梁はコンクリート打ち放し。型枠の杉の板目が残るテクスチャー。

黄色のタイルがポップなシンプルな水廻り。オープンなサニタリーはモダン仕様。

ハナレ的にランドリースペースが設けてある。
海外のアパートメントの様な雰囲気。窓があり、洗濯物を干すのにも丁度良い。

階段の造形や照明の設え、全体のカラーリング、質感など、ムードのあるホテルのような共用部。

メインエントランスホール。
高い天井に下げられたシックな照明。
エントランスのマンションロゴのあしらいも味わい深い。
細部にわたりデザインされています。
交差点に建つ建物。ひと目で周囲とは違う雰囲気を醸し出しています。

本日は、博多古門戸アパートメントを見てきました。
博多の下町の雰囲気残るまちの一角に建つ、凛としたモダンなフォルムの輝きは今も健在。もともとオフィスとして計画されているので、他にない住空間となっています。もちろんオフィスとしても使いやすい。現代に息づくミッドセンチュリーの精神をぜひご体験ください。

じっくりとご見学いただく為に、当社は予約制とさせていただいております。
営業時間/9:30~18:00 定休日/水曜日

OUTLINE

所在地
福岡市博多区古門戸町1丁目
交通
地下鉄空港線 中洲川端駅 徒歩9分
構造
RC造
規模
地上7階建
階数
3階部分
完成
1965年6月
間取り
1K(60.66㎡)
家賃
110,000円
敷金
なし
礼金
3カ月
共益費
10,000円
設備
システムキッチン(IH)、ユニットバス、ウォシュレット | TVモニタ付インタホン、ウッドブラインド、ウォークインクローゼット、エアコン、電気給湯、エレベーター、オートロック
取引
媒介
備考
家賃保証:要加入、損保:要加入、事務所使用の場合は、賃料・共益及び礼金に別途消費税
その他
退去時清掃代:22,000円
掲載日
2019.10.08
更新予定日
2018.11.08