2017.07.10

玉川レトロのStudioOffice

FULL 1R(30.4㎡) *****円
福岡市南区清水町1丁目
西鉄 高宮駅 徒歩7分
西鉄バス 清水町バス停 徒歩2分
| | | |

*このお部屋は成約済みとなりました。最新の空き情報はお電話(092-737-9678)またはこちらよりお問い合わせください

こんにちは、スタッフの石田です。

いつも内覧する前に申し込みになってしまうこちらの物件・・・・・・リノベーションの竣工に伴いオープンルームを開催されるというので、「このチャンスを逃すまい!」と、一番乗りで行ってきました!

高宮駅から東北に徒歩約5分。清水四つ角の交差点すぐそばに、建物はあります。

一階は、飲食店や美容室などが入る店舗区画。

通る度に「ランチしたいな」と思うのですが、まだ行けていません。この日も美味しそうなメニューに後ろ髪を引かれつつ、エレベーターで3階へ。

築49年ながら、手入れの行き届いた共用部分。カラーリングやレタリングが昭和レトロでいいですね。

それでは、お部屋を見ていきましょう。

1DKの住居から、トイレ以外の水回りを取り除いてオフィス仕様にリノベーション。この潔さによって、30㎡で14帖というスタジオ空間が実現しました。

エレベーターを降りてすぐ、左手にある赤い扉を開けると、こじんまりした土間仕様の玄関が迎えてくれます。

視線を右に転じると・・・・・・

奥に伸びる長方形のワンルーム。明るい! レモンイエローの塗装壁が目を引きます。

道路側はミントグリーン、向かいはオフホワイトにカラーリング。

三色使いにもかかわらず、うるさくない。第一印象は「窓からの明かりを反射しているのかな?」
それくらい自然で柔らか。

無節の無垢床も、とっても柔らか。

パインの源平(赤身と白太が混在した部分)をチョイスし、オーナー自らワックスをかけられたと聞いて納得しました。張り替えたばかりとは思えないほど、肌触りが良かったんです。

次いで目を引いたのが、内側に「落下防止の鉄柵」がある窓たち。内と外が逆転したような、不思議な感覚を与えています。

黄色と緑の中間色で塗装を施し、デザインの一部に組み込まれました。

窓枠に建具溝があるのは、障子がはめ込まれていたから。壁から突き出た金具は、物干しロープを引っ掛けるためのもの。

以前は居室と台所が押入れで遮られ、暗かった1DK。

押入れの角柱のみ残してワンルームにすることで、光が行き渡るようになりました。

そうなんです。ひっそり佇みながら、しっかり存在を主張していたこちらの一本柱、空間の構成要素として「あえて」残されたものだったんですね。

押入れを撤去した代わりに、玄関前にクローゼットバーと、台所があった場所に棚を設置。

陽の光に窓枠が溶け込んで、とてもきれい。

元浴室にはカウンターが造作され、シンクがはめ込まれました。床はグレーのPタイル。

電源が確保されているので、小さな冷蔵庫くらいは置けそうです。

給湯器はないので、お湯が欲しい場合は電気ポット、もしくは簡易のガスボンベやIHコンロを持ち込むと良いですね。既存のブラケットが、アンティークのよう。

トイレの床もPタイルに変更。既存を活用したレトロな設えながら、清潔感があります。手洗いボールがついているのが嬉しいですね。

どの窓からの眺望も抜けています。気持ちいいなあ。

いかがでしたか?

オープンルームでは、設計されたデザイナーの方、管理されているオーナー様、そしてビルの入居者様にもお会いし、お話を聞くことができたのですが、みなさんがこの建物、ここでの繋がりをとても大切にされていることが伝わってきました。

随所に残る既存のパーツが現役なのも、丁寧に使い継がれてきた証。アンティークの様相すら呈しているのです。

このお部屋で、レトロビルの記念すべき50年目を一緒に迎えてくださる方、お待ちしています!

 

*物販および、不特定多数の出入りがない業種に限ります。用途はご相談ください。

OUTLINE

所在地
福岡市南区清水町1丁目
交通
西鉄 高宮駅 徒歩7分
 
西鉄バス 清水町バス停 徒歩2分
構造
鉄筋コンクリート造
規模
地上7階建
階数
3階部分
完成
1968年11月
間取り
1R(30.4㎡)
家賃
*****円
敷金
1ヶ月
礼金
1ヶ月
町費
250円
駐車場
10,000円(税込)※サイズ要確認
設備
角部屋、モニター付きインターフォン、エアコン、配線ダクトレール、エレベーター、駐輪場 ※給湯器は付いていません
備考
仲介手数料:賃料半月分+消費税
その他
住宅総合保険・家賃保証契約加入義務あり